Fuji Furniture
Chair
Comodo
Comodo リクライニングチェア / P04390A
P04390A
¥113,300〜 (税込)
Fuji Furniture
  • products/figure-rauha-p04390-personal.jpg
Comodo リクライニングチェア / P04390A
サイズ:W604・ D715・?H975・SH420
P04390A
¥113,300-(税込)
最短お届け日 2024年08月19日
Chair
Comodo

Comodo リクライニングチェア / P04390A

¥113,300〜 (税込)
サイズを選んで買う

Comodoの特徴

誰にとっても優しい椅子。年齢関係なく愛されるチェア。居間や寝室など自分のお気に入りの場所で快適な時間を過ごせます。

誰にでも座りやすい椅子

どのような年代、体形の人にも対応ができる、コンパクト軽量リクライニングチェアーです。座面の高さが420、499、380とお客様の体形にあわせカスタマイズできます。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

ハイバックシートとリクライニング

背もたれをハイバックにして頭までサポートできるシート形状。また無段階リクライニングシートでお好みの角度でお座りいただけます。またリクライニング操作は肘下につけて、手元での操作が簡単にできます。

立ち上がりがしやすい

立ち上がりが楽にできるよう、座面の角度、肘の高さ、肘の形状にこだわりがあります。肘をもって体を起こす。立ち上がる際に肘を支えに立ち上がりやすいような形状。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

シンプルな操作

レバーをつまみながら背にもたれるだけの直感的でシンプルな操作で、レバーを離せばお好みの位置で固定ができます。

様々なシーンでの

リビングでのパーソナルチェアーとしての使用、ダイニングテーブルに合わせ食事のシーンでの使用。またチェアーの軽さから、様々なシーンでご利用いただけます。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

様々なシーンでの

リビングでのパーソナルチェアーとしての使用、ダイニングテーブルに合わせ食事のシーンでの使用。またチェアーの軽さから、様々なシーンでご利用いただけます。

Fuji Furniture

好みのカラーで

木部色、ファブリック、本革、ソフトレザーと様々なテキスタイルの中からお好みの組み合わせができ、さまざまなシーンでの活用ができます。

成形合板

木部フレームに当社の技術、成形合板を使い、軽量かつ強度もあり曲線を使った美しいフォルムに仕上がります。

Fuji Furniture

座り心地

座っていることを忘れさせるような座り心地、FUJI FURNITUREが長年培ったノウハウがここにあります。

Fuji Furniture

ベストポジション

表層にキルティング加工が施されている為、様々な角度を曲面でフォローし、ファーストタッチは柔らかく体を包むような感覚を覚えます。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

ふんわりとしたファーストタッチ

表層にキルティング加工が施されている為、様々な角度を曲面でフォローし、ファーストタッチは柔らかく体を包むような感覚を覚えます。

構造

毎日使うものだからこそ、機能性や実用性は妥協することが出来ません。

Fuji Furniture

リクライニング

背は、100度から125度までリクライニング可能です。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

握りやすい取っ手

肘前のふくらみにより、手が滑らずにしっかりと掴められるデザインになっています。取っ手の幅は52mmあり、角を10R取っていることで、握ったときに優しく手にフィットします。 肘フレームの前方は、75Rの大きなふくらみによって、手が滑り抜けづらい設計です。 また、立ち座りのときに自然と最適な位置に手を置くことができます。

ボリューム感のあるバケット

バケットと呼ばれる背クッション部と座クッション部の左右に厚みをもたせる形状を採用し、体のラインに沿わせることで体勢が安定するようにしています。

Fuji Furniture

お客様の声

ご購入いただいたお客様から温かいメッセージを頂きました。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

徳島県在住 お客様

妊婦の娘へ、ゆっくり座れる椅子をさがしておりました。実際体感して、本人も楽で肘掛がしっかりしているこちらのリクライナーが気に入ったようでいつも愛用しています。娘用に購入しましたが私と主人も気に入ってしまい、追加でもう一脚オーダーしました。

Fuji Furniture

広島在住 60代のお客様

現在腰痛で自宅にソファもあるが座面が低く立ち上がりもし難いので背の角度も変わるこの椅子は非常に座りやすい。 子供からの贈り物なので大事に使わせていただきます。

Fuji Furniture

徳島県在住 お客様

年をとり、足腰が弱くなってきたため長時間座っても楽な椅子を探しておりました。この椅子はリクライナーにしては軽くて、お掃除しやすいことと、テレビを見るのにとても楽で毎日居間で過ごすときはずっと座られてもらってます。肘がしっかりしてるのが有難いですね。

サイズ

シート高さ違い3サイズ

P04390A(SH420)
・リクライニングチェア   :W604 D715 H975 SH420 AH610

P04390K(SH400)
・リクライニングチェア   :W604 D715 H955 SH400 AH590

P04390I(SH380)
・リクライニングチェア   :W604 D715 H935 SH380 AH570

家族の大切な時間

自分の為のマイチェア

この一脚だけあれば自分の大切な時間を得ることができる。 自分の為のマイチェア。そんな風に思ってもらうために私達に何が出来るのかと考える毎日。木材の色目の組合せ、改加工の制度、気持ちいい触り心地の研磨、遠くから見ても分かれる張のテンション。微妙な色ブレを整える塗装。頑丈な設計の梱包。もしかすると気付いてもらえないような小さな拘りも、全てはお客様にとって大切な安らぎの時間を邪魔しないためです。私達は、喜んでいただいているお客様の顔をイメージしながらモノづくりをしています。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

形になる事の喜び

加工は木選びから始まり、木の色目や節などを見極めていきます。徐々に加工を進めていく中で、ソファになったりダイニングになったりと変化していきます。どれも同じ木から始まりますが、それぞれの工程の職人の手仕事を、まるでバトンリレーのように繋げていくことで初めて商品に生まれ変わります。多くの職人の拘りがつまって家具は完成しています。

お客様と対話する

冨士ファニチアでは、樹種、塗装色、張地と多くの素材とカラーを扱っています。それぞれをお客様自身で選んでいただくことで特別感と愛着の深い家具となります。そして、私達が作る家具は大量生産の時代とは真逆の、一台づつ見た目が異なるものです。遠くにいるお客様と向き合いながら家具づくりをしています。

Fuji Furniture

Comodo開発ストーリー

FUJI FURNITUREの長年の培った技術と革新的なデザイン性からうまれた、Comodo。 洗練された心地よいライン。自由度の高いインテリアデザイン、使う事で気付く行き過ぎないデザイン性。漂う空気感がインテリア空間と心地よく溶け込み望んでいた暮らしや日常を与えてくれます。

Fuji Furniture

ユニバーサルデザイン

リクライニングチェアといえば寝椅子のように角度が変わりシートハイも低く、安楽性を高める為に座の角度が大きくついているものが多い。メリットしては座りが心地は良いが、立ち上がりにくいなどの問題もある。誰が使っても使いやすい椅子作をりたいという思いからComodoは生まれました。この開発ストーリーをお話致します。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

動きたくないと思わせたい

Comodoとは快適性をテーマにしてネーミングが付けられました。 快適な座り、座っている状態色々なことが出来るのはもちろん、座り心地の快適性に優れ、自分の時間を堪能できるようなマイチェアとして使って頂き、自分の大切な居場所になるように。そんな思いを込めています。

誰にとっても使いやすいく 誰が見ても美しい

Comodoは誰が使っても使いやすいというユニバーサルなデザインのシリーズの中でも最もオールラウンダーなチェアのであり、成型合板の特性を活かした優しい曲線ですっと手に馴染むフレームや木材の持つ素材感を最大限に生かしアイテム。便利性と座り心地の両方を追求しておりクッションのボリューム感や、フレームの軽量感、さらに背面には子供が遊んでケガしないように安全対策まで様々なケースを想定して作られています。好きな場所で好きな時間にくつろいで頂きたいそんな思いが込められています。

Fuji Furniture
Fuji Furniture

座りとデザイン

誰にとっても使いやすいというのは、言葉にすると簡単ではあるが非常に設定が難しかったことを覚えています。座角を緩くすると前滑りをする感覚になったり、握り安さを考慮すると当初の原案から離れてしまったり。年齢層も30代40代60代の人間に座ってもらい操作性に違いが出ないような工夫が求められました。原案になるべく近いものにしながらコンセプトから外れないようにする為にデザイナーとのやり取りに苦戦する毎日でした。

暮らしに溶け込む

リクライニングというとどうしても大がかりなメカが露出されおりインテリアの空間に入れたとたん。少し浮いた存在に見えてしまいます。Comodoは自然に空間に収まるリクライナーとして愛される存在でありたいと思っています。 Comodoのデザインは安楽椅子としてだけではなく、ダイニングや或いはリモートワークのチェアとしてもお使い頂けます。 ユニバーサルデザインとしての設計を施したこともあってお客様に詳しい説明をしなくても座って頂いただけで座りやすい、立ち上がりやすいと喜んで頂いています。良い商品は座れば、商品自らお客様に語り掛けてくれるのかもしれません。

Fuji Furniture